TV

秘密のケンミンSHOWで紹介された喃風(なんぷう)のどろ焼き!

9月1日(木)放送の『秘密のケンミンSHOW極』では、兵庫県は姫路発祥の「どろ焼き」なるものが紹介されますよ♪その「どろ焼き」を作っているのが、関西を中心に国内・国外に18店舗を展開する『喃風(なんぷう)』

九州人のおいどんには馴染みがない「どろ焼き」ですが、調べてみたらとても美味しそうだったので、その特徴と喃風さんのこだわりを紹介したいと思います♪


スポンサーリンク



どろ焼の特徴

見た目は「もんじゃ」と「お好み焼き」を混ぜたようなもので、外はパリパリで中はトロりと、見るからに美味しそう♪ 「もんじゃ」とも「お好み焼き」とも違う新触感!らしい・・・。スプーンですくって特製の出汁に付けて食べるみたいだよ♪

味も何種類かあって・・・

  • どろミックス(豚・牛すじ・えび・いか)
  • どろすじこん
  • どろもちチーズ
  • どろ豚キムチ
  • どろ焼そば
  • どろ豚うどん
  • どろ豚
  • どろチーズ明太
  • どろねぎ豚
  • どろねぎすじこ


(画像引用:https://nanpuu.co.jp/)

どろ焼がどのようにして誕生したかというと、喃風は、当時お好み焼き屋だった。家族連れで小さなお子様が「たこ焼きが食べたい」

なんとかその期待に応えたかった店主が、鉄板を使ってたこ焼きっぽく作りました。見た目はオムレツでたこ焼きみたいな丸ではありませんでした。それを食べたお子さんが「おいしい!」

それがどろ焼の誕生であり、そこから口コミで広がって今に至っています。

 


スポンサーリンク



喃風さんのこだわり

シャブシャブの生地を熱々の鉄板で焼いて

おもてはパリッ、中はトロッと、これぞ

姫路生まれのどろ焼

昭和37年におっちゃん、おばちゃんとで

庶民の味、お好み焼屋が

姫路の町角でほのぼのと始まり

時代は変われども熱々じゅうじゅう

鉄板囲む

幸せ感じながら

本家喃風名物の

どろ焼・たこ焼が生まれたんや。

ホームページに載ってる文章なんだけど、関西の下町で、庶民に愛され続けてきたのかが伝わってくる♪


スポンサーリンク



西郷どん
西郷どん
いけんやった?
大久保どん
大久保どん
わっぜか美味そうでごわすな
西郷どん
西郷どん
お隣・熊本県にも喃風さんの店舗があるみたいじゃっで、行ってみたいでごわすなぁ。
大久保どん
大久保どん
じゃっど、じゃっど


スポンサーリンク