花燃ゆ(花もゆ)第7話ネタバレ放送前に大暴露!感想あらすじ解説

この記事は2分で読めます

images (1)

こちらでは、第7話「放たれる虎」
あらすじ・ネタバレについて書いています。
他の回の分についてはこちらのページの
一覧からお選び下さい。

>>あらすじ・ネタバレ・視聴率 一覧

 

saigo favicon前回の第6話「女囚の秘密」での主な出来事として、

・野山獄唯一の女性囚人・高須久子・高須糸親子の登場
・寅次郎が野山獄で獄囚に対して孟子の講義をはじめた

 

今回は、2月15日(日)放送分の

第7話「放たれる虎」

これのあらすじを以下にまとめたでごわす^^

まだ放送を見てない方は、ご注意するでごわす^^

スポンサーリンク

 

兄の寅次郎がどうやった野山獄から出られるか
文(ふみ)は考えていた。

そんな時、寅次郎から
『福策堂』というのが兄の梅太郎に託された。
メリケン(アメリカ)の獄を例に
日本の牢獄の改善策を述べてあった。

以前、建白書を提出したばかりだというのに、
また罪人のくせにこんなのを書いて、
兄の梅太郎の表情は冴えない・・・

文は兄の寅次郎が書いたこの『福堂策』を読んでみた。
これを書き写して、
小田村伊之助に意見を求めた。

実は、これは、
野山獄で唯一の女性囚人である
高須久子に助言されたからだった。
ーー殿方の味方をみつけたらどうかと・・・

>>高須久子についてはこちらから

 

この助言のおかげで、
伊之助はこの『福策堂』に感銘を受け、
江戸にいる桂小五郎に手紙を送った。
寅次郎を獄から出すために、
他藩へも説いてまわった。

伊之助のこの働きかけのおかげで、
藩主である毛利敬親へも
寅次郎の罪が重いのではないかとの声が届いた。

スポンサーリンク

 

そんな時、寅次郎の兄・梅太郎は、
急いで城に来るよう藩から通達が来た。
藩主の毛利敬親から寅次郎に
蟄居の命が出た。
野山獄から出られるのである!

だが、当の寅次郎は、
野山獄から出たがらない。
先日書いた『福策堂』を実践したいらしい。

文(ふみ)の姉、寅次郎の妹である寿(ひさ)は、
夫である小田村伊之助が
寅次郎のために一生懸命なのが理解不能である。
今まで、何かにかけて家族が振り回されてきたからだ。

だが、伊之助は寅次郎のために尽力しているのではない。
長州藩を日本一の藩にしたい。
その原動力として寅次郎の力が必必要なのだ。
その想いを知った寿は、
兄の書いた『福策堂』を読み始めた。

野山獄では、
句会が開かれていた。
実はこの句会は、寅次郎を野山獄から出獄の門出として、
女囚の高須久子が画策したものだった。

出獄の時、文と伊之助が寅次郎を出迎えていた。
これから何をしたいか、
伊之助が寅次郎に問うと、
本が読みたいし、
意見も述べたいし、
やりたい事は山ほどある。

 

二十一回猛子

虎次郎は、
人生において二十一回、
全力に物事にあたる決意をしたという。

二十一という理由は、
吉田という字を分解すると、
「吉」は、十と一と口に分解できる。
「田」は、十と口に分解できる。
これを強引に組み合わせると、
十と十と一で、二十一。
口と口で回。
二十一回。

杉という字を分解すると、
十と八と三になり、
これを足すと二十一になる。

スポンサーリンク

 

>>花燃ゆ特集ページ(登場人物・あらすじ・視聴率等)

  • 2015 02.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. images (1)
  2. kanonn
  3. moon light kiyomi
  4. takahiko_mita
  5. maeda atuko
  6. Baidu IME_2014-12-29_12-44-25

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

大河ドラマ『おんな城主直虎』特集♪

おんな城主直虎

トランプ特集♪

トランプ特集♪

♪鹿児島出身者特集♪

西郷どん

大河ドラマ『西郷どん』特集!

西郷どん

大河ドラマ『真田丸』 特集!

このサイトについて

写真



ブログをご覧いただき、 あいがとさげもす(ありがとうございます)♪

西郷隆盛・大久保利通が鹿児島弁で、 最近話題になっている情報をお届けするブログでごわす♪

「じゃっど」とは、鹿児島弁で、「そうですね」という意味です♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る